モービルマッピングで開かれる可能性 - モービルマッピングの仕組みと活用事例

モービルマッピングで開かれる可能性

subpage01

モービルマッピングは、車の上にGPSアンテナ、レーザースキャナー、デジタルカメラなどを載せ、さらにタイヤにはオドメーター(車両移動量計測装置)を装着し、この車を普通に走らせることで車周辺の3次元座標データを画像データを取得する、車載型移動計測システムです。

最新のモービルマッピングはとにかくお勧めです。

このモービルマッピングが威力を発揮するのは、道路の改修などの際に必ず行わなければならない路線測量です。


交通規制を一切行わず、システムを搭載した車を走らせるだけで必要な情報が入手できるのですから、工事全体が非常にスムーズに進むようになります。


モービルマッピングをもう少し具体的に説明します。

GPSアンテナは3台を車の上に三角形に配置、1台は車体位置情報を、2台は車体姿勢情報を取得します。



レーザースキャナーはレーザー光を照射し、その反射により対象物との距離を計測、これにより対象物の3次元座標が取得できます。



デジタルカメラは6台を車の上に、放射状に、画像が重なりを持つように配置されます。オドメーターはタイヤの回転を計測することで、正確な走行距離を取得します。
GPS衛星からの信号受信が不良の時にも、計測データの精度を維持するために利用されます。モービルマッピングを活用すれば、交通量の多い道路でも簡単に測量を行うことができます。

費用や作業日数を低減できるという直接的な効果のほか、交通規制等を行わないことで近隣住民への配慮、トラブルの回避、安全管理、事故防止などの間接的効果も期待できます。