各自治体でドクターヘリ−を持てるようになるべき

subpage01

これからの自治体はドクターヘリ−を持てるようになるべきでしょう。

理由は救急車では対応できないことが多いからです。

これまではドクターヘリ−のようなものが無かったので仕方がありませんでしたが、既にドクターヘリ−のようなものが登場してかなり経っているわけですから、いち早くこうした優れた救急システムは取り入れるべきでしょう。

これをしないのは自治体の怠慢ということがいえるかもしれません。何しろこのシステムを取り入れれば、これまで救えなかった命が救えるようになるかもしれません。


それがどれだけ大きな意義のある事なのかを考えれば、当然設置すべきということになるでしょう。

ドクターヘリ-情報があれば全てが解決します。

問題は維持管理にかかる費用と、設置にかかる初期費用ということになりますが、それは自治体が負担すべきものです。


既に今の公務員は過剰と言っていいぐらいの報酬を貰っているわけですから、それを返上すればこうしたことが出来るようになるはずです。



あまりにも恵まれた報酬を公務員たちは享受しているわけですから、それを少しばかり返上させればこうしたシステムはたやすく出来るようになります。


公務員が一流企業以上の報酬を獲得しているなど意味が不明といってもいいでしょう。

何故なら自治体の仕事は奉仕にあるわけですから、その第一の奉仕であるこうした人の命にかかわるシステムを作らないで、自分たちの報酬を得ていることの意味が分かりません。



必要なものは積極的に導入すべきです。