モービルマッピングの仕組みと活用事例

モービルマッピングの仕組みと活用事例

subpage01

モービルマッピングは車やトラックで走りながら道路に関する3次元位置情報を取得したり、ドローンなどの空撮で3次元位置情報を取得する技術の事です。道路の形状や標識やガードレールなどの3次元位置情報を車で走りながら高精度で取得できます。

車で走ったりドローンで空撮しながらなので効率が良く移動しながら3次元位置情報を取得することが可能になっています。

モービルマッピング情報サイトを利用しましょう。

効率よく精度の高いデータが取得できることで様々な分野での活用が期待されている技術です。
モービルマッピングでは複数のGPSや走行距離計などを使用して車の位置を取得して、さらに車に搭載されているカメラなどを使って時速20kmから80km程度で道路を走行して地形のデータを収集します。

収集したデータはモービルマッピングの走行が終了してから、取得した情報の精度を高めるための作業を行ってより高精度な情報にしていきます。



高効率で精度が高いという特徴があるので地図の作製や自動車業界やインフラ業界などの様々な面で活用されています。

自動車業界では自動走行車用のデータの収集やインフラ業界では電柱の高さや位置を図るなどの活用事例があります。

モービルマッピングはその他にもオンラインマップや地形データの収集などでも幅広く活用されています。

車を使って走行しながらモービルマッピングを行い効率的に3次元位置情報を取得できるほか、取得したデータの精度も高いことで様々な分野で幅広く活用されている技術です。



モービルマッピングの納得の情報

subpage02

モービルマッピングは、車の上にGPSアンテナ、レーザースキャナー、デジタルカメラなどを載せ、さらにタイヤにはオドメーター(車両移動量計測装置)を装着し、この車を普通に走らせることで車周辺の3次元座標データを画像データを取得する、車載型移動計測システムです。このモービルマッピングが威力を発揮するのは、道路の改修などの際に必ず行わなければならない路線測量です。...

NEXT

ドクターヘリ−の耳より情報

subpage03

今後活躍が期待されるのがドクターヘリ−です。救急車に変わる若しくは救急車を補完したり、救急車が行けないところに行く手段としてもドクターヘリ−は使うことが出来る方法として役に立つと考えられます。...

NEXT

ドクターヘリ−の話

subpage04

これからの自治体はドクターヘリ−を持てるようになるべきでしょう。理由は救急車では対応できないことが多いからです。...

NEXT

空撮の知っておきたい常識

subpage04

今やインスタグラムは、若者を中心にその言葉を知らない人がいないというほど人気を博しています。インスタ映えする料理やスポットなども数多くメディアに取り上げられています。...

NEXT